【2022年~2023年版】50代におすすめ基礎化粧品3選!その成分は?

こんにちは。Webライターで日本化粧品検定1級、50代のマギーと申します。

今年検定に向けて学んでいるうちに、自分が使っている基礎化粧品の成分が気になり始めました。検定のテキストにはたくさんの美容成分の名前がでてくるからです。

「この化粧水には何が入っているのだろう?」

「ほかの化粧品には何が入っているんだろ?」

「自分の肌悩みを軽減する成分はなんだろう?」

などなど……。

近頃「しみ」や「しわ」が気になるわたし。
ネット記事を調べてみると、50代の女性が抱えている肌悩みも「しみ」「たるみ」「しわ」「くすみ」とのこと。

間違いなくわたしは50代だと納得し、いろいろと調べてみました。

そして特に気になったのが

ビタミンC誘導体
ナイアシンアミド
トラネキサム酸

の3つの成分。

これらはわたしの悩みにも、50代の女性の悩みにもアプローチしてくれる成分であるとわかりました。

これから検定の復習をかねて、これら3つの成分について説明したいと思います。

50代の女性の悩みにアプローチする3つの成分

①ビタミンC誘導体~日焼けによるしみ、しわに~

ビタミンC誘導体は医薬部外品(※)として認められている化粧品に配合されています。

ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくい成分です。さらに空気に触れると酸化しやすいため、化粧品への配合が難しいのです。その弱点を改良し、ビタミンCをメラニンの発生源まで届けるようにしたものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、メラニンの発生を抑え、コラーゲンの生成を促進します。そのため美白(※)やシワに有効な成分です。しわは深くなるとたるみになります。たるみに関しては、しわがくっきりと刻まれるまえにケアをすることが大切です。

※医薬部外品とは→厚生労働省が認めた効果・効能に有効な成分が一定以上配合されているもの。「防止」や「衛生」を目的として作られています。

※美白とは→薬用化粧品において「メラニンの生成を抑え、日やけによるしみ、そばかすを防ぐ」こと。

②ナイアシンアミド~しわの改善だけでなく、日焼けによるしみにも~

ナイアシンアミドもビタミンC誘導体と同じく、医薬部外品に配合される成分です。
はじめはしわの有効成分として、その後美白の有効成分としても医薬部外品に認められます。

しわ改善成分のなかでは唯一の水溶性成分。水の中でも成分が安定するので、化粧水、ジェル、美容液とさまざまなものに配合できるのが利点です。

ナイアシンアミドは肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進。細胞内の水分維持を助けて肌の表面の乾燥を防ぎます。コラーゲンを作る手助けをして、しわを目立たなくします。メラニンの生成を抑える効果もあります。

③トラネキサム酸~日焼けによるしみ、くすみ、肝斑にも~

トラネキサム酸はアミノ酸の一種。医薬部外品や医薬品のみに配合される成分です。しっしんや口内炎の薬、歯磨き粉などにも配合されています。抗炎症、抗アレルギー作用により、肌荒れや色素沈着によるしみ、くすみを防ぎます。

またメラニンを作るよう命令する物質をブロックするので、美白の効果があります。

50代の女性の肌悩みのひとつに「肝斑(※)」があります。肝斑の悩みには内服薬の服用が一般的ですが、最近はトラネキサム酸の配合された化粧品も増えています。ネットで調べたり、ドラッグストアで探したりするのもいいですね。

※肝斑(かんぱん)→頬骨などにできる左右対称のしみのこと。おもに30代から40代ごろに、遅くても50代までに発症します。ただし60代になると薄くなったり、消えることもあります。

以上、50代の女性の肌悩み「しみ」「たるみ」「しわ」「くすみ」にアプローチしてくれる成分3つについてご説明しました。

わたしがおすすめする基礎化粧品3点

 

ここからはわたしが2022年に使ったおすすめの基礎化粧品をご紹介します。先ほど挙げた3つの成分がそれぞれひとつずつ配合されています。

化粧品の使用感はあくまでわたし個人のものです。参考にしていただけますと幸いです。

①ファンケル|ホワイトニングエッセンス

 

ビタミンC誘導体配合。乳白色の美容液。1回2プッシュ。内容量18ml

ホワイトニングエッセンスは40代のころから愛用しています。はじめは夏だけつかっていましたが、最近は1年中つかっています。

買い置きを切らしてしまい使わないでいると、肌がくすみがちになるので要注意です。防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤不使用。小さめの瓶でプッシュ型。1本を約1ヶ月で使い切りますが、肌に優しい配合なので安心です。

ホワイトニングエッセンスは、ファンケルの公式サイト等で販売されています。
https://www.fancl.co.jp/beauty/item/3756c/

 

②コーセーコスメポート|モイスチュアマイルド ホワイト パーフェクトエッセンス

ナイアシンアミド配合。ジェル状で乳白色のオールインワン。使用量は1〜2プッシュ。内容量230ml
YouTubeで紹介されていて、いいなと思い購入しました。1本で洗顔後のスキンケアが完了するオールインワンタイプです。

ポンプ式の容器なので、ジェル状のローションも取りやすい。美容成分のナイアシンアミド配合で、1000円前後で買えるコスパの良さも魅力です。さらに無香料、無着色、無鉱物油、ノンアルコール(エチルアルコール)と肌に優しい仕様がうれしいです。

わたしの場合は2プッシュでちょうどいい量。つけたばかりの時は少しべたつきますが、まもなくなじんで、ふっくらとした仕上がりになります。乾燥が気になる時期にぜひ使いたいローションです。

モイスチュアマイルド ホワイト パーフェクトエッセンスは
コーセーコスメポートの公式サイト
https://www.kosecosmeport.co.jp/skin/3in1/wcgy.html
またはドラッグストアなどで販売されています。

③白鶴酒造|薬用 大吟醸のうるおい美白水

トラネキサム酸配合。ほぼ透明な化粧水。使用量は適量。内容量500ml

ネット検索で見つけた化粧水。手に取りだすと、すぐに肌に染みこんでしまい写真によく写りませんでした。(見にくくて申し訳ありません)

白鶴酒造こだわりの大吟醸酒「翔雲」を配合。酒(アルコール)が入っているのでしみたり、かぶれたりするかと心配でしたが、わたしは大丈夫でした。

しばらく使うと、顔色がワントーン明るくなったように感じました。ポンプ式の容器。500mlと大容量なのに約1000円で購入できるのがうれしいです。たくさん入っているので、顔だけでなく首や腕にも使っています。容量たっぷりの美白化粧水は、夏の日焼け対策にも重宝しました。

薬用 大吟醸のうるおい美白水は白鶴酒造の公式サイトhttps://www.hakutsuru.co.jp/tsurunotamatebako/lineup/uruoibihaku.html

【重要なお知らせ】2023年1月13日現在の情報です!公式サイトでは在庫がなくなったため、販売を終了しております。申し訳ありません。
またはドラッグストアなどで販売されています。

まとめ

ここまでわたしが特に気になった、50代女性の肌悩みにアプローチする有効成分

ビタミンC誘導体
ナイアシンアミド
トラネキサム酸

について詳しくご説明しました。

あわせて、わたしが使っている基礎化粧品3点も紹介しました。

取り上げた化粧品の使用感は、わたし個人の感想です。よろしければ参考にしてください。

Follow me!