音楽朗読劇『YOUNG WIZARDS(ヤングウィザーズ)』感想

2022年10月1日。パシフィコ横浜にておこなわれた音楽朗読劇 READING HIGH 5周年記念公演「YOUNG WIZARDS」千秋楽をみに行って来ました!

ここでは公演を見てすぐの感動をストーリーのネタバレをせずにお伝えします。

あらすじ

 

時は平安時代。都に鬼や妖狐(ようこ)がはびこる世。

 

帝の命(めい)をうけ、これらを退治するものたちがいました。

 

物語の中心人物は現代でも陰陽師として知られている、安倍晴明(あべのせいめい)と蘆屋兵衛道満(あしやのひょうえどうまん)。

 

これはふたりがまだ、若かりし頃の物語。

 

晴明と道満の友情、そして彼らの成長を優しく見守る人々との交流が描かれます。

 

READING HIGH 5周年にして初めての日本を舞台にした作品です。

 

 

みどころ

「YOUNG WIZARDS」は藤沢文翁氏(原作・脚本・演出)が歌舞伎や能の演目から着想を得たオリジナル作品です。

 

この朗読劇に出演しているのは、いずれも大活躍中。今をときめく7名の声優のみなさん。

 

そんな錚々(そうそう)たる方々の声の演技を、生でみられることが最大のみどころ。

 

生のバンド演奏(フルート、チェロ、太鼓、キーボード、ギターなど)と、ムービングライト、レーザー光線などの光の演出。また火花や炎、スモークといった特殊効果がさらに物語を盛り上げます。

 

客席から舞台に目をむけると、出演者の豪華な衣装もあいまって、まるで「1枚の美しい絵」をみているよう。

 

ほんとうに、きれいだ!!

 

わたしはものすごく感動してしまいました。

 

感想

わたしはこれまで発表されたREADING HIGHの作品9作品のうち、5作品を生で鑑賞しました。

 

そしてこれまでも藤沢文翁氏の音楽朗読劇についてnoteやブログで書いてきました。

 

だから、もしかしら何度も同じ話をしているかもしれませんね。

 

だけど、言いたい!!

「YOUNG WIZARDS」は最高に面白い!

 

出演者の演技はこれまでにも増してパワフルだし、バトルシーンの演出にもドキドキしっぱなし!!

 

とにかくみなさん、しびれるくらいカッコいいんです!!

 

そして、どのキャラクターもとても優しいんです!!

 

バトルものが好きなかた。

陰陽師に興味のあるかた。

歴史が好きなかた。

 

泣ける作品を探しているかた。

優しさを求めているかた。

そして、言いようのない不安を抱えているかた。

そんなあなたにおすすめしたい作品です。

 

朗読劇は映像や演者の動きがないので、みな頭の中で思い描く景色がちがうのも楽しいです。

みなさんも想像力のつばさを思いっきりひろげて、あなただけの物語の世界を冒険してみませんか?

 

このお話が終わるころには、あなたの心もたくさんの愛に包まれてることでしょう。そして、胸にあたたかいものがこみ上げてくるに違いありません。

 

 

まとめ

この公演は日本はもちろん、海外へも配信されました!

 

そして2022年10月4日(火)~10月10日(月・祝)までアーカイブ配信をしていたので、ご自宅でこの作品を楽しんだかたもいたのではないでしょうか?

 

公演もアーカイブ配信も終了してしまいましたが

 

「YOUNG WIZARDS」の感動を忘れられないという、あなた!

 

うっかりアーカイブ配信を見逃してしまったという、あなた!

 

がっかりしなくても大丈夫です!!

 

「YOUNG WIZARDS」の公演の模様をおさめたDVD、Blu-rayの発売が決定しています!

発売日は2023年6月14日(水)です!

詳しくは

READING HIGH「YOUNG WIZARDS」公式サイトをご覧ください。

http://readinghigh.com/youngwizards/

期間限定!アンコール配信決定!!

2022年12月9日~12月25日まで

詳しくはこちらをご覧ください!

https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2242143

また、READING HIGH「YOUNG WIZARDS」のグッズやその他のREADING HIGH作品のDVD・Blu-rayの販売は、ソニーミュージックショップにて。

Sony Music Shop

 

 

Follow me!